誰も教えてくれない秘密のギター講義

ギターの本質をついた練習法や音楽理論の勉強の仕方について現役ギター講師がこっそり教えます

*

カッティングで良い音で出す3つのコツ

      2015/09/06

今回はカッティングで良い音を出すコツを3つほど提示してみます。

自分で試してみて効果がありそうだなと思ったら取り入れてみてください。

カッティングの3つのコツ

カッティングの3つのコツ

ピックを変える

これが最も簡単なのですが、

カッティングの軌道が間違っている人には効果が少ないかもしれません。

クリーントーンでの歯切れの良いサウンドを出したいなら柔らかめのピックをおすすめします。

クランチ系でパンクなカッティングをしたいなら固めのピックをおすすめします。

出したいサウンドによってピックを変えるのが理想です。

特にレコーディングなどピックを変えれる環境であれば変えたいものです。

プロのギタリストも曲毎に変えている人もいます。

ライブなどでは一番弾きやすいピックで当て方を微調整できるのが理想です。

手首を柔らかく

手首が固いと振りぬくスピードが出ないので、もたっとしたサウンドになってしまいます。

これはかっこ悪いのでやめましょう。

手首のスナップを柔らかく使って振りぬくスピードを上げることを意識してみてください。

振りぬくスピードが速くなるとコードが1つの音のようになり、

コンパクトでまとまったサウンドになります。

高音弦をメインに弾く

歯切れの良いサウンドの歯切れの良さって何だと思いますか?

それは聴覚上良く聞こえる音域がスタッカートされている状態です。

人間は低音より高音の方が聞こえやすいので、

ギターでいうと1、2弦のサウンドが拍とぴったりになるようにカッティングしてみてください。

例えばダウンストロークで1拍目にカッティングを鳴らしたいのであれば、

1弦が鳴るタイミングとクリックが鳴るタイミングを合わせます。

つまり1弦でクリック音と合うという事は、

6弦はほんの少し早目に弾き始めます。

6弦をほんの少し早目に弾くことで1弦をクリックとぴったり合うようにして、

聴覚上歯切れの良さを演出しています。

これは職人わざですが、カッティングにこだわりがあるなら試してみてください。

このことはカッティングの有名な教則本にも書いてありました。

このことについて触れている教則本はかなり珍しいと思いますので、

見つけた時は嬉しかったですね。

他にもストロークの軌道とか私独自のノウハウがあるのですが、

動画がないと説明できないので・・・。

 - 練習法