誰も教えてくれない秘密のギター講義

ギターの本質をついた練習法や音楽理論の勉強の仕方について現役ギター講師がこっそり教えます

*

ピックの持ち方を改善することでギターの悩みの多くは解決する

   

なかなか速弾きフレーズが弾けない・・・

気持ちいいサウンド(良い音)が出ない・・・

リズムが悪い・・・

などの悩みは、ギターを弾く上で悩みの代表だと思います。

これらの悩みが練習しても改善されない場合、

まず疑ってみてほしいのがピックの持ち方です。
a38c28c86303f2d8510ca5ea9ae83740_s

ピックの持ち方

親指の当て方

まず親指なのですが、指紋の渦の中心で持ってみてください。

これが出来ていない人が本当に多いです。

指紋の中心で持つことによってピックを深めに持つことがすごく重要なのですが、なかなか理解してもらえない・・・。

一度ピックの持ち方で悩んだ人にはこちらのアドバイスをすーっと聞いてもらえるのですが、

悩んだ事がない人には直してもらえません・・・。

渦の中心で持つのは慣れるまでは違和感

最初かなり違和感があるので気持ちはわかりますが、

指紋の中心で持った方が手首のスナップを使いやすくなるのでおすすめです。

人差し指の当て方

次に人差し指ですが、指の側面で下から支えてください。

人差し指はみなさん出来ているので特に悩みはないかと思いますが、

ちょっとマニアックなアドバイスを書きます(笑)

人差し指を少し内側に曲げる

それは人差し指を少し曲げてあげることです。

なぜかというと、曲げないと人差し指が弦に当たってしまうからです。

当たっても別に構わないのですが、指から血が出てしまうので(笑)

布袋寅泰さんはライブが終わると血だらけになるそうです( ;∀;)

まとめ

ピックの持ち方でギター演奏はかなり変わりますので、

うまくならないと嘆いている方はピックの持ち方を変えてみてください。

 - 基本フォーム