誰も教えてくれない秘密のギター講義

ギターの本質をついた練習法や音楽理論の勉強の仕方について現役ギター講師がこっそり教えます

*

身体構造を理解すれば誰でも速弾き出来るようになれる

      2015/09/06

速弾きを弾けるようにと一生懸命にトリルの練習や、

スケール練習をするのも悪くありませんが、

これらの練習ももっと効率的にする方法があります。

それは指を動かす身体構造を理解したうえで練習するということです。

考えるギタリスト

指を動かすということを改めて考えてみる

ギターを弾く時の指の動き

指を動かす時に指だけを動かしている人は、

無意識に力んでいる可能性が高いです。

速く弾くには力みは極力排除した方が良いので、

スピードが上がらない人は指だけを動かしていないかを疑ってみてください。

指を動かすには

肩甲骨→肩→腕→肘→手首→指

といった感じで連動して動いています。

指を速く動かそうとして「指」だけを速く動かそうとしているのは、

結果を求めすぎている典型的な例だと言えます。

指を速く動かしたいなら、肩甲骨→肩→腕→肘→手首→指、

この一連の動き、動かし方、身体構造をを意識して練習するのが最も効率的です。

速く弾く練習においてはこの一連の流れがどういう風に動いているのかを、

自己分析しながら練習してみてください。

こうやって深く深く考えながら練習していくと驚くほど短期で指が速く動くようになります。

テクニックを習得するには表面ではなく裏側を見よう

なかなか上手くならなくて悩んでいる人に共通しているのは、

表面しかみていないという事です。

その裏側に答えが隠されているのにそこに思いを馳せずに、

即効性を求めてしまう・・・。

これの最大の欠点は、次に悩んだ時にまた同じように悩むということです。

ある悩みが出てきた時に自分の頭で仮説を立てて、

あーでもない、こうでもない、と悩んでいろいろと考えた人は、

原因を追及するのがうまくなるので、

次からはすぐに解決策を見つけることができます。

しかし表面しかみていない人は悩みがでてくる度に同じくらい時間をかけて進んでいくことになります。

 

ですので、まずは指の動かし方を徹底的に研究してみてください。

ありとあらゆる運指の悩みは、

肩甲骨→肩→腕→肘→手首→指

この流れを研究することで解決できるはずです。

 

 - 身体構造